パソコン、嫌いでした・・・。ネット、怖かったです。 でも必要に迫られてパソコン覚えました。 ネットにも接続しました。 ちょっと面白くなりました。

ソフトなんて知らなかったので一番最初はワードのウェブページで会社のホームページを何ページか作りました。 忘れもしません。 「ワラパソ」という雑誌が教科書でした。 パソコン関係のどの本を読んでも何がなんだかわからないと言うのが本音でした。 まさに藁をもつかみたい心境です。 この本のおかげで稚拙でもホームページへの第一歩を踏み出したのです。

「風かをるの青春時代」も最初は会社のホームページに間借りする形でスタートしました。 そんなある日、何気なく「風かをる」と検索してみたのです。 自分でも驚くほどページが表示されました。 短い漫画家時代、単行本はたった1冊のみだったのに・・・。 感激のあまり、ヒットした全てのページを見て回りました。

その中に「平均台のビーナス」を売っていたキララ文庫さんがあったのです。 当時はまだキラリアンさんが活躍していました。 メールは不思議です。 本の注文を出しながらこの本の作者ですと普通に名乗れるのですから・・・。

注文を受けてくださったキラリアンさんがとても後押しをしてくれました。 かなり大きなネット古書店さんにリンクしていただいたのは本当に幸運でした。 それが励みになり、まず最初の「青春時代」独立が実現しました。

内弁慶の風かをるが「掲示板」「カウンター」をつける気になったのもキラリアンさんを初めいろいろな人の応援があったからです。 それからコンテンツも増えていき、いちど、自分なりのリニューアルを敢行。 それと同時に「小島剛夕の世界」に力を入れ始めました。 そしてピノコさんと知り合い、彼女の協力の下、ご存知の通り「小島剛夕の世界」も完全独立なりました。

そんなこんなで紆余曲折のあったこのサイトも大幅リニューアルが完成し、公開の運びとなったわけです。

このホームページにアクセスしてくださるすべての方々に心より御礼申し上げます。 いまではこのサイトが風かをるの一部になっています。
これからも楽しいサイト作りをめざします。 皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

(2005年1月21日 記)