結婚して長男が生まれると同時に漫画家を引退した風かをる。 それからあっという間に3人の子持ち。 それまでは自分の作品の掲載誌はすべて所持していたのですが、家族が増えると言うことは物が増えると言うこと。 真っ先に邪魔になったのがやたらと分厚い少女雑誌でした。

いくら漫画家時代が短いといっても60冊以上の雑誌。原稿さえ手元にあれば雑誌はいらないか・・・この短慮が今も悔やまれてなりません。 一応自分の作品は雑誌から引きちぎり、後はきれいさっぱり古新聞と一緒に回収業者さんへ。 手元に残ったのは数個のトイレットペーパーでした。(笑)

この愚行が、今現在、血眼になってオークションやネット古書店で自分の作品掲載誌を探すと言うなんとも情けない結果になっています。 それも1冊数千円かけてです!!! 原稿はあるし、少々荒っぽいやり方でしたが切り取った作品も残っています。 でもやはり掲載誌は欲しいです。 

2005年1月21日 記
-----------------------

再収集を思い立ってから十数年、結構がんばって揃えたのですが、年齢を重ねるうちに墓場までは持っていけない…ってことに気づきました。(苦笑) 何やってんだか笑われちゃいそうですが、終活の一環としてデータを画像保存して場所取りの雑誌はオークションってことになり始めています。(汗)

2018年5月18日 追記